クレムドアン クリームシャンプーはヘアケア効果が高い生クリームシャンプーです。このページではクレムドアン クリームシャンプーの口コミと効果を掲載しています。さらに実際にクレムドアン クリームシャンプーを使っている私の体験談も掲載します。

ヘアケア

ヘアケアを怠ると生じる髪へのデメリット

投稿日:

普通にお風呂で髪を洗って何もしないと、髪は傷んでしまいます。

そうです、誰もが羨むうるツヤ髪と言うものは、
ヘアケアという努力をしないと、作れないんです。

ヘアケアを怠ると、様々なデメリットが髪に生じます。
このページでは、どのようなヘアケアを怠ると、どのようなデメリットが生じるかを解説しています。

ヘアケアを怠ると起きるデメリット-洗髪・ドライヤー編-

ヘアケアを怠ると起きるデメリット-洗髪・ドライヤー編-

まず最も注意したいのは、洗髪と洗髪後のドライヤーです。

汚れがついていると髪が擦れて細くなる

髪に汚れがついていると、その汚れが髪と擦れて、髪が痛む原因となります。

特に砂は、髪の毛を細くするだけでなく、切る原因となります。

ショートヘアの方は普通にシャンプーを使って洗髪をすれば問題ないでしょう。
しかしロングヘアの人は、汚れが落ちきっていない場合があるので注意しましょう。

シャンプーを使ってしっかり洗ったからと言って、汚れが全て落ちるわけではありません。

これはどういうことかというと、シャンプーの洗い流しがしっかりできていなかった場合、汚れは落ちないままなのです。

毎日入念に洗髪、そして洗い流しをしましょう。

ドライヤーを怠ると最近が繁殖して頭皮が炎症する

女性であれば入浴後のドライヤーを怠る人はいないと思います。
(もしドライヤーをしていない人がいるとすれば、論外ですので、今日からでもドライヤーを使いましょう)

しかし頭皮までしっかり乾燥できている人は、何割でしょうか。

ドライヤーを使って髪を乾燥することばかり固執してしまいますよね。
しかもその髪も、完全に乾く前にドライヤーを終了してしまいます。

でも、これって最悪なんですよ。
特に頭皮が湿っている場合、頭皮の菌が繁殖してしまいます。

いくら洗髪後と言えど、人間の体には必ず菌がいるんです。
その菌が繁殖すると、フケや頭皮の炎症のきっかけとなります。

入浴後のドライヤーは、髪は当然、頭皮まで乾燥するように、入念に時間を使いましょう。

頭皮が冷えて血行が悪くなる

頭皮が湿っていると頭皮が冷えてしまいます。
冷えると結構が悪くなるのは、他の皮膚と同じですね。

頭皮の血行が悪くなると、抜け毛の原因となります。
また栄養も十分に行き渡らないため、髪が細くなる原因ともなってしまいます。

キューティクルが開き続けてしまう

湿っていてデメリットを受けるのは頭皮だけではありません、当然髪もデメリットを受けてしまいます。

そのデメリットとは、キューティクルに現れます。
髪が濡れている状態は、髪のキューティクルが開いた状態となります。

キューティクルとは、髪の表面を覆っている部分です。

キューティクルは本来、髪のバリア機能を担っています。
そのキューティクルが開いていると、完全無防備状態。

汚れが付着すると、いつもより以上ダメージを受けますし
紫外線なども、吸収してしまいます。

髪を乾燥させると、水分が出ていき、キューティクルも閉じます。
ですので入浴後は、完全に髪を乾かす必要があるんです。

ヘアケアを怠ると起きるデメリット-栄養編-

ヘアケアを怠ると起きるデメリット-栄養編-

食べるものも、髪の質と関係しています。
食生活を見直すだけで、うるツヤ髪に近づけるんですよ☆

栄養不足が髪を細くする

髪に必要な栄養が不足すると、髪は細くなったり、白髪が多くなります。

髪に必要な栄養と言っても実に様々です。
しかしご安心を。

髪に必要な栄養素は、海藻を食べれば多くを摂取できます。

髪といえばワカメを思い浮かべる人が多いと思います。
しかしワカメだけでなく、海藻全般が髪にとって有効です。

海藻に含まれるヨードが、血行の流れをスムーズにします。
すると頭皮にもたっぷりと血液が循環するようになり、髪がコシのある強い髪になるんです。

当然1日食べるだけで効果を実感できるわけではありません。
毎日の食事に海藻を足しましょう。

脂や糖分のとりすぎが毛穴を詰まらせる

髪にとって良い食べ物があれば、逆に悪い食べ物もあります。
髪にとって悪い食べ物は、脂肪分と糖分です。

ただし普通の量を摂取するのであれば問題ありません。
たくさん摂ることで、血液の流れがドロドロになり、さらに毛穴をつまらせてしまうデメリットがあります。

脂肪といってもお肉の脂身だけではありません。
バターやソーセージなどにも含まれます。

あまり多量の脂肪や糖分を摂取することは避けましょう。

ヘアケアを怠ると起きるデメリット-保湿編-

ヘアケアを怠ると起きるデメリット-保湿編-

最後は、保湿を怠ることで、髪に受けるデメリットを紹介します。

静電気が起きて、髪が広がる

髪は乾燥することで静電気を帯びます。
静電気を帯びると髪の毛は広がるので、まとまりづらい髪となります。

また静電気を帯びていることで、髪が痛みやすくなります。
乾燥は百害あって一利なしですので、コンディショナーなどで保湿に励みましょう。

髪が切れて切れ毛となる

髪は乾燥しているとダメージを受けやすくなります。
特に手ぐしなどをしたときに、容易にちぎれてしまいます。

切れ毛となると不格好ですよね。
ですので、保湿対策を怠ってはいけません。

お肌もそうですが、髪にとっても、乾燥は天敵なのです。

まとめ

いかがでしたか?
ヘアケアを怠ることで、色々なデメリットが生じることお分かりいただけたかと思います。

ヘアケアと言っても、トリートメントやコンディショナーだけではありません。
いえむしろ、もっと基本的なことが大事なのです。

めんどくさいからといって、生乾きのまま就寝してしまうと、髪はキューティクルが開いているので、ダメージを受けていしまいます。
また食生活が偏ると、頭皮にも悪影響が出ます。

基本的なことを怠らず、髪にとっていい生活を送りましょう。
以上、今回はヘアケアと怠った場合のデメリットについて記載しました。

-ヘアケア

Copyright© クレムドアン クリームシャンプーの口コミと効果を調べたヨ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.